スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なすも終わりに

とうとう、丸なすも終わりです。3月2日に種まきして、9か月、畑を占領してきた丸なすも、小さい小なすも表面が茶色になっている部分もあり、きれいな状態のものはほとんどありません。っていうか、なんか作り手の方が先に諦めているのか、または、気がそこへいかないのか、実際は後者に違いないが・・・・・。 本当に丸なすには失礼な話です。
画像

つい2週間ほど前はこんな状態だったのが、
画像

こうなってしまった。

あとは、撤収が待っています。

来年はもっと上手に作ろ~っと、堅い決意でした。 

柊の郷 班長の大和伝承野菜を全国に
スポンサーサイト

丸なすがまだ頑張っているが

丸なすが意外と頑張っているが・・・
 
朝晩の冷え込みが強くなってきて、成長がかなり遅くなった。直径6~7cmが限界のようだ。
もう、終わってあげようかと思えてくる。

枝にぶら下がって、艶やかなその光沢を見ていると、まだまだ大丈夫と思えるが、近づくと、割れているもの、傷がついているもの等が結構ある。

画像

画像


撤収を待つばかりの丸なす達でした。

丸なすにも脅威が

丸なすが、まだまだきれいだ。
隣の畑を見回しても、結構、葉っぱが穴だらけになったり、葉っぱが疲れて来たりしているが、柊の郷の丸なすは元気いっぱいだ。 と、喜んでばかりもいられない。なすの畑にも草の脅威が押し寄せてきている。
はっきりいって、どこもかしこも、手がまわらない状態になりつつある。
画像

画像


かなりやばくなってきた、ナス畑

柊の郷  班長の大和伝承野菜を全国に

丸なすの収穫

梅雨も明けて、今日も朝から日差しがハンパではなく、すぐ全身から汗がふき出してきた。
天気が続くと、各畑に水やりをやるのが日課になってきた。水やりだけで時間がかなりとられるので、実際の作業に取り掛かれるのはわずかな時間しかない。しかも、11時頃になると体力的にもかなりきつい。
休憩の時、アスファルトの道路に座ると、汗で濡れたズボンの型がくっきり!まだ、夏が始まっただけなのに・・・・・。

このところ、毎日、きゅうり、とうがらし、なすの水やり、収穫をする作業が続く。その間に草引き、草削り、施肥をする。収穫作業が今はない、えび芋、大和いもの草が大変なことになりつつある。
丸なすの支柱もまだ出来ていない。
      気はあせるが、作業は進まない。
画像
画像

画像

                   黒光りする、丸なす

柊の郷  班長の大和伝承野菜を全国に

でた!テントウムシダマシ

丸なすの収穫に参加しに行きました。先日から、丸なす担当のユキオさんがテントウムシダマシが一畝で150匹いた~!と言ってましたが、本当にいっぱい葉っぱに付いていました。
各自、手作業で駆除していましたが、近づくと、フワッと飛んでいきます。きゅうりのウリハムシ同様に手ごわい相手です。
葉っぱは傷だらけで、丸なすに影響が出ないように駆除の連続です。

画像
画像

画像


こどもの頃には、気にしてなっかたのに・・・・・
テントウムシダマシ=ニジュウヤホシテントウムシには負けない!

柊の郷  班長の大和伝承野菜を全国に
プロフィール

ヤマトマナ

Author:ヤマトマナ
障害者の厚生施設で、心強い仲間たちと施設のみんなと一緒に奈良の伝統野菜を復活させるべく、笑いあり、泥んこありで、毎日楽しく野菜を作ってます。安全・安心第一で頑張ってます。みんなの日常と努力がここにあります.
 
http://hiiragi.or.jp/                       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。